従業員のために

employee

労働安全衛生

労働安全衛生 基本理念

ナガセケムテックス株式会社は、すべての事業活動において「人間尊重」を基本理念とし、労働安全衛生活動を積極的に行い、継続的な活動、安全で明るく快適な職場の形成を推進します。

労働安全衛生方針

  • 全従業員が一丸となり、安全第一で無事故無災害の職場を目指します。
  • 職場から負傷・疾病の芽を取り除き、健康で安心して働ける職場環境作りに努めます。
  • 労働安全衛生に関連する法令及び同意するその他の要求事項を順守します。
  • 本方針を目標に展開・実行し、活動方法及び成果の継続的改善を行い、
    労働安全衛生パフォーマンスの向上を目指します。
  • 労使協議会及び安全衛生委員会を通じて、従業員と安全衛生に関する問題点について協議し、改善します。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムを有効に活用するために、適切な経営資源を投入します。
  • 本方針を全従業員、協力会社に周知徹底するとともに、社外に対しても公開します。
    • 当社が危険・有害な物質を取り扱う化学工場であることを認識し、常に安全行動を心がけます。
    • リスクアセスメントやヒヤリハット活動を通じて、安全衛生リスクの除去及び最小化を目指します。
    • 全従業員に本方針及び目標を周知し、義務を自覚させるための教育訓練を行います。
    • メンタルヘルスを含めた健康増進活動を行います。

今後は労働安全衛生マネジメントシステムの一層のレベルアップを図ることにより、社員、社員のご家族、近隣にお住まいの方及び顧客の皆様に対して、大きな安心感をご提供できるよう活動してまいります。

健康経営への取り組み

NAGASEグループにとって、それぞれの職場において従業員の安全・健康を確保することは、企業として果たすべき重要な責任のひとつです。

国内外のさまざまな地域で活躍する従業員とその家族が安全・健康であることを望むとともに、従業員が安心して働けるよう、事件・事故・災害等の緊急事態における対応、健康管理に対する万全な体制の構築に努めています。

また、製造拠点における災害発生リスクに対しては、従業員のけがなど労働災害を未然に防止するため、各製造拠点の実情に応じた取り組みを実施するなど、各種安全衛生活動に取り組んでいます。万が一、災害が発生した場合は即時対応するとともに、事例をもとに安全衛生の管理水準向上に向けてさまざまな改善施策を講じています。

労働安全衛生マネジメントシステム ISO45001

播磨事業所/堺工場

当社は、企業で働く人の安全は全てに優先し、企業活動の原点であるという『安全第一』の精神に基づき、心身ともに健康で安全に働ける快適職場の実現を目指しています。 播磨事業所/堺工場では、上記の認識に基づき、一般財団法人日本品質保証機構による審査にて2012年12月14日付けでOHSAS18001の認証を取得しました。その後国際規格としてISO45001が発行されたのを機に、移行審査を受審し、2020年11月20日付でISO45001の認証を取得しました。

今後も播磨事業所/堺工場のあるべき姿を「基本理念」とし、その運用を「労働安全衛生方針」として策定した上で、リスク及び課題を明確にして、事業所及び各部署の目標を設定し、継続的に明るく快適な職場を確立するための努力を続けています。

ISO45001マネジメントシステム登録証

労働安全衛生の取り組み

当社では労働安全衛生を確保するため、様々な取り組みを行っています。

安全体感研修

当社は安全第一の精神に基づき、職場の作業環境の整備や設備の安全化に取り組んできました。しかし、安全活動を進めていくにつれ、危険要因が潜在化したことで、従業員にとって「危ない経験の減少と、それによる危険感受性の低下」を危惧していました。そのため、「危険感受性向上の教育」という観点から、2015年より危険体感機器を導入し、全従業員が受講必須の体感研修を開始しました。

当社は大量の危険物を取り扱い、特に爆発火災の予防に注力しているため、危険体感の構成は、静電気発生のメカニズムを含めた溶剤爆発や粉じん爆発に関するものが中心となっています。他にも、ローラーなどの回転体への巻き込まれや指差呼称の体験設備もあり、様々な危険感受性を高めるため教育を行っています。

また、一通りの受講が終了してからは、入社年別にカリキュラムを作成し、「安全特別研修」という形で繰り返しの教育を行っています。

この体感研修は、NAGASEグループ関係会社や、近隣企業からの見学も受け入れており、多くの方の危険感受性の向上に寄与しています。

安全体感研修の様子

安全衛生委員会

労働安全衛生法に基づき、50人以上の従業員が働く各事業所に、安全衛生委員会を設置しています。
労働災害ゼロを目指し、安全衛生に関する諸問題の協議及び職場のパトロールや5S活動を推進しています。

トピックス

優良防火管理者として表彰

播磨事業所の石原社員が、たつの防火協会より優良防火管理者として表彰されました。
長年にわたり播磨事業所の防火管理者を務め、社内の防火防災意識の高揚と定着を図った功績が認められました。

福知山市危険物安全協会より表彰

福知山事業所が危険物の安全管理に積極的に取り組みを行ったとして、福知山市危険物安全協会より表彰されました。

京都労働局長優秀賞を受賞

福知山事業所が京都安全衛生に関わる優良事業所として、京都労働局より「優秀賞」を受賞しました。
さらに、平成30年度の京都安全衛生大会にて、同事業所の田中社員が、安全衛生への取り組みの講演を行いました。