PIPS ナガセとは

HOME > PIPSナガセとは

PIPSナガセとは

  • レシチン(リン脂質)とは
  • 機能性大豆リン脂質PIPSナガセ

レシチン(リン脂質)とは

●レシチンとは

レシチンとは、元々リン脂質 の1種であるホスファチジルコリンの別名でありました。現在ではレシチンとは、リン脂質を多く含む素材の総称名として認知されており、大豆レシチンや卵黄レシチンが良く使われています。
リン脂質は細胞膜の構成成分です。ヒトは60兆個の細胞からなり、全ての細胞は細胞膜で守られています。リン脂質は細胞(生命)にとって必須の成分です。

細胞膜(Phosphplipid Bilayer)

●レシチン(リン脂質)の効能

レシチンにはいろいろな効果が知られており、アメリカでは1950年代からサプリメントとして摂取されています。主な効能として、抗高コレステロール、免疫賦活、脳機能改善、肝機能改善などが報告されています。

●リン脂質の種類

リン脂質は、脂肪酸・グリセリン・リン酸を含む塩基部からなり、塩基部の違いや脂肪酸の数により

PC ホスファチジルコリン
PE ホスファチジルエタノールアミン
PI ホスファチジルイノシトール
PS ホスファチジルセリン
PA ホスファチジン酸
LPC リゾホスファチジルコリン

などがあり、それぞれの生理機能は異なります。また一般にリン脂質は乳化力が強く、さまざまな食品の乳化剤として利用されています。

●食品に含まれるリン脂質量
  全脂質量 g/100gfood 全リン脂質量 mg/100gfood PC PE PI PS SM LPC PA
大豆 20.802038917536287.0---102.0
卵黄 31.80103066771191764.0-486419-
牛乳 3.703412101.029--
牛肉 4.10660407207--46--
小麦粉 1.002514710--78--
リンゴ 0.094021100.46--0.6
いも 0.157638221.012--0.4

PC:ホスファチジルコリン  PE:ホスファチジルエタノールアミン  PI:ホスファチジルイノシトール  PS:ホスファチジルセリン  SM:スフィンゴミエリン  LPC:リゾホスファチジルコリン  PA:ホスファチジン酸
参考文献:Inform (2003) 14: 64-66

ページトップへ